海釣りの必需品は「魚つかみ」で決定。未所有と思うとゾッとします。

「釣りの必需品といえばなんですか?」と質問されたら、僕は間違いなく「魚つかみです。」と答えるでしょう。
もちろん釣りに行くのだから竿やリール、重りに仕掛け、釣った魚をいれるクーラーボックスなどを一番に挙げるべきなんでしょうが、忘れたくないもの第一位はやはり「魚つかみ」ですね。

釣った魚をじかに触ると手が汚れたり、ヌルヌルしたりとテンションがガタ落ちです。
あと、釣り歴が浅い僕なんかは、得体のしれない魚が釣れた時などは触っても大丈夫な魚なのかとか不安になります。
これまでだと「ヒトデ」「フグ」「エソ」なんかは触るのが怖かった魚ですね。
でも、針にかかった魚を仕掛けごと海に返すわけにもいきませんし、やはり針を外してリリースするのはマナーですよね。

なので、魚つかみで魚をつかみペンチで針を外して気持ちよくリリースしています。
でも、魚つかみを所有している一番の理由は手を汚したくないからです。

そんな僕が購入した「魚つかみ」を紹介します。

シマノ ライトフィッシュグリップです。

2016-09-03-10-58-55

特徴は柄の根元部分を引っ張ると、
2016-09-03-11-00-24

ハサミが閉じた状態でストップしコンパクトに。
収納時に邪魔にならない。
2016-09-03-10-59-37

そして、同じ部分を押し込んでやると、
2016-09-03-11-00-02

ハサミが開いた状態になり、魚つかみとして利用できます。
2016-09-03-10-58-55

安定の「SHIMANO(シマノ)」です。
2016-09-03-10-58-10

樹脂製で錆びないので長く使えそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)