香川県琴平町にある旅館「琴平花壇」がコスパ最強だったのでおすすめ。

そろそろ2024年初詣旅行の話でもしておこうか。

今年もこんぴらさん(金刀比羅宮)へ初詣旅行をしてきました。
今回宿泊した旅館「琴平花壇」がとっても良かったので紹介します。

実はですね、琴平町にはわたしが贔屓にしている定宿があるんですよ。
数年間のあいだ、年に1~2回多い時で3回くらい泊まっていた旅館です。
ですが、ここのところ価格設定が強気になっていのと、その宿でしか飲めない(持ち帰りもできない)幻の梅酒があるのですが、その味が変わったことでわたしの中で他の宿にも泊まってみようかなという想いになりはじめて昨年、今年と定宿を外して宿泊しています。

そして今年泊まったのが「琴平花壇」です。
でも実は初めてでななくて3回目か4回目になります。
定宿ばかりに泊まっていましたのでだいぶお久しぶりですが…

これから部屋や食事などを簡潔に紹介して最後に価格をお知らせします。
驚きのコスパにお気づき頂けると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

お部屋

今回予約したのが和洋特別室という部屋で、なんと90㎡の広さがあります。
部屋が3部屋もありそれぞれの部屋にテレビが付いています。

リビング

夕食まではリビングでテレビを見ながらお酒をあおり。
気ままに温泉に向かったり。
またまたお酒を呑んだりと快適な空間です。

和室

夕食は部屋食にして和室の部屋でいただきました。
いちいちお食事処に向かわなくていいのが快適です。

寝室

あとは寝るだけ。
片付けとか、部屋が散らかっているとか関係なく綺麗な部屋で寝ることができます。

部屋からの景色

琴平花壇は宿泊棟がいくつかあり、今回宿泊した部屋からは別棟も視界に入ります。
同時に高い建物がない琴平町の町並みも一面に望めます。

夕食

料理のすべての写真は撮っていませんが、スタート時の御膳とメニューを載せておきます。

【お品書き】
前菜:旬菜五種取り合わせ
白子豆腐の美味出汁・松前漬け、サーモン絹田巻き・人参カステラ、わかさぎ甘露煮

お造り:地魚三種盛り合わせ
愛媛県産鯛の松皮造り、香川県産ハマチ、烏賊

吸物:蟹真丈牛蒡のすり流しスープ

焼物:オリーブ牛の石焼ステーキ(地元特産にんにく醤油と四国の塩で)

蓋物:海老芋万頭銀餡かけ

強肴:瀬戸内産鰤の雪中鍋

お食事:讃岐米、香の物、いりこ出汁の赤出汁

別腹:本日のデザート

小食でお酒をたくさん飲みたいわたしにはいい感じの量でした。

朝食

朝食もまた写真は撮り切れていませんがメニュー豊富でしたよ。

特典

ここまでは部屋や食事の紹介でしたが、これらに貸切露天風呂やラウンジのコーヒー飲み放題(夕・朝とも)だったりも付いていたりします。

上記のような内容で一人あたり25,000円未満の価格でした。
コスパ良すぎでしょ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする