江田島の大君漁港は釣り場として最強だと思った。

釣り目的で広島県福山市から呉市に遠征してきました。
宿泊施設まで確保してお金をかけています。
旅の日程はこちら。

1日目、2時間もかけて食べた昼食後の話しです。
この日の最初の竿だしは江田島市となりました。

初めてくる土地なので、釣り場も分からなければ、釣りに良さそうな場所を見つけても駐車場があるかとか、トイレがあるかとか手探り状態です。

そのような状況で最初に見つけた場所が、釣り場として最強だと思ったので履歴を残しておきます。

その釣り場は大君漁港です。


こんな感じの漁港です。
はじめて行く土地だと「釣りをしていいか」の心配から始めなければいけません。
ここは平日昼間だったのにもかかわらず釣り人がたくさんいました。
「赤信号みんなで渡れば怖くない。」ではないですけどこれだけ釣り人がいれば安心して釣りが出来そうです。

続いての心配は駐車場です。
交通ルールを違反してまで釣りをしたくはないですからね。
50台くらいは優に停めれそうな駐車場がありました。
釣り場の様子を眺めているときに、あとから来た釣り人が当たり前のように車を停めて竿を持って波止に向かって歩いていたので問題なさそうです。

短い時間釣りをするならこれだけの条件(釣りOK?+駐車場)をクリアすれば十分です。
長時間するなら、続いてトイレ、そして食事+飲み物を気にします。

江田島の大君漁港はここまでのすべてをクリアしていたんです。

漁港内に「江田島オリーブファクトリー」という施設があります。

大きな建物です。

訪問してみたら、レストランと物販を併設した施設でした。

店名通りオリーブ推しのお店です。
レストランではパスタとかそんな類の食べ物が提供されているみたいです。
わたしは昼食後30分ぐらいなので食事はしませんでしたが、メニューを見た感じ美味しそうだし、海辺にあってロケーションも最高です。
物販の方もオリーブの加工品販売があって、ここで魚が釣れたら、オリーブを買って帰って料理したらテンション上がりそうです。
レストランではアルコールもいただけます。

ということです。
分かりましたか?
大君漁港が魅力があることを。

イメージが湧いてきます。

  1. 朝マズメから大君漁港で釣りをする。
  2. お腹が減ったら江田島オリーブファクトリーで食事する。ビールもあわせていただく。
  3. 少し仮眠をとって、また釣りをする。
  4. 魚がたくさん連れたらオリーブを買って帰って、家でアヒージョを作る。もちろんビールのあてになる。

考えただけで最高すぎます。
さらに徒歩圏内にコンビニ(セブンイレブン)もあるという恵まれた環境です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

釣果は?

ちなみにここ大君漁港で30分くらいライトゲームをしましたが1バイトありまして寄せている最中に足元でバラシてしまいました。
たぶんカサゴでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする