買い物の時、必ずしも安い方のお店で買うとは限らない。タイヤとバッテリー交換の話。

車を購入して4年半。
総走行距離25,000キロとあまり乗ってないのですが、整備が必要になってきたみたいです。

まずタイヤ。
溝はしっかりあるのですが、タイヤ側面にひび割れができ、寿命はそう長くないだろうと言われました。
同時に、このタイヤで高速を走るのはバーストの危険があるからやめた方がいいとも教えてもらいました。
車検に通るギリギリラインみたいです。

そしてバッテリー。
エンジンのかかりは悪くないのですが、バッテリーチェッカーで測ってもらうと残量が少ないと言われました。
「バッテリーはエンジンがかからなくなって交換してもいいよ。むしろそういう人も多いよ。」と教えてもらいました。
ですが、外出先でそんな事態になったら、ロードサービスに来てもらたっりと無駄な時間を費やしてしまうことになるので交換検討です。

ガソリンを入れるたびに声をかけてくれる、いきつけのGSで見積してもらいました。

まずタイヤ。
タイヤのサイズが185/65R15なのですが、ブランドによって値段がピンキリです。
4本で工賃含めて、firestoneなら40,000円~ECOPIAなら70,000円といった感じです。
走行距離が年間で5000キロ程度とそんなに走らないのと、高速道路もほとんど使わないので安い方から2番目のNEXTRYというタイヤで検討することに。

バッテリーは容量?大きさ?によって値段が違うみたいで、いま載せているバッテリーと同ランクのものだと20,000円くらいとのことです。

少しでも安く済ませたいので、ネット購入と比較もしてみます。
タイヤはアマゾンで6300円/本(当時)。
ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 185/65R15 88S

「アマゾンでタイヤを購入すると取り付けはどうしたらいいの?」という疑問もよく考えられていて、アマゾンの商品ページ内に取付・交換サービスの提携先の案内があります。
掲載されている提携先のタイヤ交換費用は、廃タイヤ処理料やバルブ交換料を含めると4本で10,000円くらいでしょうか。
アマゾンで全部手続きすると35,000円ほどで出来てしまいます。

ネットの方が安くなるわけですが、少々高くてもお世話になっている所でお金を使いたいという気持ちがあります。
行きつけのGSで値引相談をしてみると少しだけ応じてくれました。
アマゾンよりは2割くらい高く払うことになりますが、GSでタイヤ交換することにしました。
バッテリーも同時交換で、合計で55,000円です。

今回は車の備品ことでしたが、他の値引き交渉に応じてくれるお店でも、2割くらいの差でしたら店舗で買いたいと思っていますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)