【瀬戸芸2019】小豆島 肥土山・中山地区の作品を紹介します。

【目次:瀬戸芸2019と釣りを目的に小豆島旅行してまいりました。

瀬戸内国際芸術祭2019の肥土山・中山地区に展示されている作品を紹介します。
ここは3年前の瀬戸芸2016でも来ている地区なので、作品を絞ってまわっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

[08]小豆島の恋

山深い場所に造られた建物で、竹を編んで組み立てられています。
ワン・ウェンチー氏の作品です。
3年前の記事を振り返ると、前回は「オリーブの夢」という作品名でした。
過去記事:瀬戸内国際芸術祭巡り。ワン・ウェンチー氏作品の「オリーブの夢」でくつろいでみた。

遠くからでも確認できるほど大きい造りです。

前回の「オリーブの夢」とはだいぶ形が変わっていました。

わたしが訪れた日はひなたにいるだけで汗がでるほどの気候でした。

竹の網目から差し込む涼しい風と、

日差しをしっかりガードしてくれる天井で、

ウトウトすること間違いなしです。
屋内は1~2クラス分くらい収容できる広さなので、混み合っていない日ならとってもゆっくりできますよ。

開館時間:9:30~17:00
料金:300円(パスポート提示0円)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする